<< イラン・イランの島 ゼッタイにひとりでは歩かないで下さい >>
この木を観に来たのです

会ってみたらアホだった。

これはとてもザンネンな事ですが、通信技術が発達した現在では
よくある話ではないでしょうか。

マダガスカルに来たのは、治安が悪いこの国でキケンな目に
何度も遭った後で「マダガスカルでまた助かる」なんて事を
言うためではありません。

子供の頃から気になっていた気になる木を見たかったからです。

それでも冒頭で書いたような事はたびたび起きてしまいます。

夢にまで見た場所に実際行ってみたらガッカリするかもしれないという
不安に怯えながら目的地を目指すのが現代の旅行ではないでしょうか。

でもバオバブの樹を見た瞬間にそんな不安は吹っ飛びました。
スゴイ勢いで吹っ飛びました。

すごいヘクトパスカルで吹っ飛びました。

間違っています。

バオバブを見たら目がズブ濡れのパラダイスになりました。

d0138843_0213155.jpg


I recall a New Yorker cartoon that featured a man
looking at pictures of world-famous destinations
in a tourist office. "It all looks so great," he says.
"I can't wait to be disappointed!"

Rolf Potts

以前ニューヨーカー誌に出ていたマンガを思い出す。
男がひとり、旅行会社で世界の有名観光地の写真を眺めて
こう言うのだ。
「どの場所もみんな素晴らしい。早くガッカリしに行きたい!」

ロルフ・ポッツ


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-10-17 03:07 | wanderlust
<< イラン・イランの島 ゼッタイにひとりでは歩かないで下さい >>