<< 第2ターミナル ヒコーキの話 >>
こびりついた涙

成田空港には1978年の開港から操業している第1ターミナルと
1992年に増設された第2ターミナルがあります。

私がよく利用するのは第1ターミナルで、ここの大きなガラス窓が
とても好きです。

ガラス一枚隔てただけの外の世界がまるで外国のように思えるのです。

ここに来るたびに子供だった頃、日本を離れるのがイヤで
ガラス窓にへばりついて泣きじゃくった記憶がよみがえります。

自分が流した涙がいまだにガラス窓にこびりついているような
気さえするのです。

キレイに磨きあげられたガラスに過去の涙がついているワケないのに。

そんなテキトーな作り話が出来ちゃうほど第1ターミナルの大きな
ガラス窓が好きです。

今日の話はどーでもよかったかな。

d0138843_2139107.jpg


I think airport is a place where should be the departure
point of dream and the terminal of memories.

Masahiro Gamou

空港は「夢の出発点」であり「思い出の終着点」となる場所でなければ
ならないと思っています。

蒲生 昌弘


[PR]
by foto_cychedelico | 2010-02-05 00:00 | wanderlust
<< 第2ターミナル ヒコーキの話 >>