<< 浴衣女子 写真の居場所 >>
エクラン印のジェノべーゼとか漆器とか

先日、写真を展示した時に大阪からÉCRANセンセが
遊びに来てくれました。

お土産にエクラン印のジェノベーゼ(バジル・ペースト)を
頂いたのですが、ビン詰めされたジェノベーゼを包んでいたのは
このチラシがプリントされた紙でした。

それを見て思い出した話があります。

日本は古くから漆(うるし)の工芸品が有名な国です。

Japanという英語は日本を意味しますがアタマの「J」を小文字にして
japanと書くと“漆器”(シッキ)とか“漆を塗る”という意味になります。

その昔、日本に来た多くの外国人がおわんや箸などの漆器を母国に
持ち帰ったり船で送ったりしました。

外国でそれを見た人達はその素晴しさにビックリするのです。

漆器の美しさにも驚くのですが、それを包んでいた紙にも
魅力があったからです。

当時の大衆娯楽であった浮世絵がそれです。

こういうきっかけで浮世絵は一気にヨーロッパに広がり
その遠近法はゴッホにまで影響を与えることになります。

そんな歴史の教科書には載っていないことを知った上で(たぶん)
ジェノベーゼを私のチラシに包んでくれるÉCRANセンセは
やっぱりスゴイなぁと思いました。

今日の作り話はチョット大胆だったかな。

ドサクサにまぎれて日本海にエッフェル塔建てちゃったよ。

d0138843_22271464.jpg


I'm still wondering why you guys came to Osaka in June.
ÉCRAN

いまだ不思議なんだけど6月にみんなナニしに大阪まで来たの?
エクラン


[PR]
by foto_cychedelico | 2010-08-05 00:00 | empty talk
<< 浴衣女子 写真の居場所 >>