<< 12月11日(土) 写真に囲ま... その男、ジョン >>
名は体を成す

名前は通常、自分で選ぶことが出来ません。

例えば私の場合、父親が川口という苗字だったので
私の苗字もオートマチックに川口になりました。

名前を漢字でどう書くかを説明する時には、三本川のカワに
目鼻口のクチに、知ると言う字の下に日がつくトモに、
明治のメイです、と言っています。

親にしてみれば何かしらの期待を込めた名前だったのでしょう。

漢字は表意文字なので一文字でも意味を成すことは
欧米人でも知っています。

自分の名前を英語で説明する時はこうです。

River Mouth Intellectually Bright

苗字の川口を文字通りリバー・マウスと説明するのはいいとして
名前をインテレクチュアリー・ブライトなんて恥ずかしげもなく
智的に明るいなんて言っちゃってるよ。

子供は往々にして親の期待を裏切るものだからね。


2010/12/11展では参加者が自分で自分に付けたハンドルネームと
ブログ名が記されたネームプレートを付けています。

ぜひ参加者のみなさんに声を掛けて下さい。

今日の記事も主催者っぽいね。

d0138843_0453317.jpg


Every child has a beautiful name.
GODIEGO

すべての子供にはステキな名前がある。
ゴダイゴ





[PR]
by foto_cychedelico | 2010-12-09 23:59 | empty talk
<< 12月11日(土) 写真に囲ま... その男、ジョン >>