<< cloudy sky blues 真四角写真で語る慎重論 >>
ローマで写真展を観るの巻

スティーブ・マッカリーという
名前を聞いたことがない人でも

インドカリーなら
食べたことがあるかもしれません。

食べたことがないかもしれませんし
何を書いているのかサッパリ分かりません。

どちらかというと
インドカリーはサッパリしていません。


ローマの地下鉄の駅でナショナルジオグラフィック、
1985年6月号の表紙を飾った
アフガニスタンの少女のポスターを見かけました。

その写真を撮ったのが
スティーブ・マッカリーです。

こう書いても分からないかもしれませんが
ビーフカレーなら食べたことがあるかもしれません。


ローマで彼の展示が行われていたので
観てきました。

今日の写真はギャラリーのエントランスに
飾られていたマッカリーの写真を張り合わせて
作られた彼の最も有名とされる作品、
アフガニスタンの少女です。


展示の内容ですが、写真を撮る気が
失せるほどに圧倒されました。

スゴかったです。

特に入場料の安さが。

d0138843_6112164.jpg


My life is shaped by the urgent need to wander and observe, and my camera is my passport.
Steve McCurry

私の人生は緊急の必要性がある徘徊と観察で形成されている。
そしてカメラが私のパスポートである。

スティーブ・マッカリー

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-15 23:59 | wanderlust
<< cloudy sky blues 真四角写真で語る慎重論 >>