<< 雪のない冬なんて cloudy sky blues >>
ローマ美術学院で授業を受けるの巻

ローマ美術学院の彫刻科でムリヤリ
授業に参加することになったのは

その前日の夜、たまたま入った
中華料理店で朱クンという
中国人の青年と出会ったからです。

私が「チョップスティックを下さい」と言うと
接客してくれていた朱クンが「ハシね」と
言ったのがきっかけでした。

朱クンは中国、遼寧省の省都である
瀋陽市の出身で

10年ほど前に横浜の根岸で
半年ほど生活をしていたので
日本語を少し話します。

昼間はローマ美術学院の彫刻科で勉強し
夜はレストランでアルバイトを
しているとのことでした。

d0138843_6253337.jpg


私がローマの美大で彫刻か〜と
思ったのが朱クンの不幸の始まりで

これはオモシロそーという事になり
翌日の授業にヌケヌケとついて行ったのです。

その日の授業はイタリアでも有名な
彫刻家先生によるデッサンとのことで
私もヤル気マンマンです。

教室に入るとすでに何人かの生徒が
デッサンを描いていて

みんなが私のことを“アンタ誰?”
という目で見るので

私のヤル気はさらに急上昇するのですが
どういうワケか朱クンは横で
泣きそうな顔をしていました。

d0138843_6262783.jpg


しれ〜っと他の生徒たちに紛れ私も
デッサンを描いてそれをイケしゃぁしゃぁと
彫刻家先生のところに持って行くと

先生が「なかなかダイナミックな描写だね」
なんて言ってくれるのです。

ローマまで来て褒められてしまいました。

しかし浮かれていたのも束の間で先生が
「ところでキミは誰だね?」なんて言うもんだから

「細かいことは気にするな」
って言っておいたよ。

日本代表としてまたイイ仕事しちゃったね。

朱クンに多謝。

d0138843_6265388.jpg


Composition, light and shadow,
sculpture and painting require
similar elements as photograph does.

Zhu Yan

構図、光と影、彫刻や絵も写真と似た要素があるね。
朱 岩

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-17 23:59 | wanderlust
<< 雪のない冬なんて cloudy sky blues >>