<< ブルージュ 活字中毒 >>
日本人の絵描き

思えばフランスとイタリアを
まわっている時は芸術家との
出会いが多くありました。

リヨンのマダム・ヴァコニュ

フィレンツェのヴェッキアリーノさん

そしてローマの朱クン

ブログに書いただけでも3人、
ブログに書いてない人まで含めると
378人の芸術家と出会っていて

その人達のことをイチイチ書いていたら
キリがないというものです。


たくさんの芸術家に会ったのは今回の旅で
最初に出逢ったのが日本人の絵描きの方
だったからかもしれません。

その人は大阪から来た女性で
パリで会いました。

小田実の著書「何でも見てやろう」を
バイブルとする百戦錬磨の旅人です。

旅先で如何に優雅に過ごすかを
実に心得た方で決して欲張らず、

行きたいと思っていた場所で
ゆっくり絵を描きながら過ごしていました。

パリで出逢ったので私はその方のことを
終始マダムと呼んでいたのですが

ご本人はなんだか照れくさそうにしていたのが
今でも印象に残っています。

私がパリから南に行きイタリアまで
まわることを話すと無事に旅が終わるように

お守り、そしてお年玉までくれた
その人の名はマダム・フクイ。

写真は1月7日、オペラ座近くの
レストランで撮ったもので
右側の赤いセーターのご婦人がマダム・フクイ。

左側の視線があさっての方にイッちゃってるのは
マダム・フクイのお孫さんのマダモアゼル・フクイ

d0138843_255298.jpg


Your camera looks like a bazooka.
Madame Fukui

バズーカ砲みたいなカメラやね〜。
マダム・フクイ

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-27 23:59 | wanderlust
<< ブルージュ 活字中毒 >>