<< マラケシュ パリまで怒りに行こう >>
怒りのパリ

そのドアを開けて私は始めました。

オー、愛すべき我がトーマス・クックよ、
今日はお礼を言いに来たよ。

Thank You and Fuck You Very Much!

これから大切な話をするので
よく聞きなさい、と。

一見、私は冷静に見えるけど
かなり怒ってるよ。

生タマゴはあるか?

ないなら今すぐ買って来て
私の頭に落としてくれ。

あっという間に目玉焼きを
つくってやるから。

英語が不得意なフランス人にも
わかるように親切に説明してやるのです。

一連の話をゆっくり丁寧に説明すると
トーマス・クックがお決まりの一言を言います。

We will do our best.
最善を尽くします。

私は返します。

最善なんか尽くさなくていいから金返せ。

日本人をナメんぢゃねーよ。

原爆落とされても怒らない
人種だと思ったら大間違いだゼ。

私の往生際の悪さと言ったら
ベトナム人以上だからね。

d0138843_4363031.jpg


Courage is grace under pressure.
Ernest Hemingway

勇気とは危機に直面した時に見せる気品である。
アーネスト・ヘミングウェイ

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-03-15 23:59 | wanderlust
<< マラケシュ パリまで怒りに行こう >>