<< 渋谷で呑むの巻 マラケシュ >>
旅の終わりに

今回の旅で最後に撮った
人間が写真の男です。

アムステルダム、スキポール空港の
バーでたまたま私の隣に座り

すごいテンションで
ハイネケンを呑み始めました。

ルカという名のその若者は
イタリアの医療機器メーカーに
勤めるエンジニアで

これからアメリカのミネアポリスまで
初めての海外出張に行くのです。

ボスがいきなり言うんだよ。
オマエ、行ってこいって。
3日前に。

初めての海外出張なんて
大抵そんなものである。

初出張の記念にハイネケン
奢るからアメリカでかましてやれ。


自分が若かった頃を
思い出します。

外国の空港のバーでどれだけ
たまたま隣になった人と話し
親切にしてもらったことか。

やはり旅はヒトとの出会いで
成り立っているとつくづく思うのです。

d0138843_22442432.jpg


Traveling leads you to encounter the other,
which will always be a way of encountering yourself.

Luis Sepulveda

旅は他者との出会いを促すが
それは自分と出会う道そのものである。

ルイス・セプルヴェダ

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-03-18 23:59 | wanderlust
<< 渋谷で呑むの巻 マラケシュ >>