<< 過ぎ行く時間 不確実性 >>
パリという存在感

現在、東京都写真美術館で
ロベール・ドアノーの
生誕100年の展示が行われています。

パリの市庁舎前でカップルが
チューしてる写真が有名な先生です。

この展示を観に行こうと
思っているのですが

その予習としてここ数日
ドアノーの写真集を本屋で
観まくっています。

今日はドアノー先生だけではなく
アーウィット先生やイジス先生の
パリの写真を勉強してきました。

どの先生もパリに魅せられ
素晴らしいパリを見せてくれます。

d0138843_20402471.jpg


Why did I took photos of Paris?
Since my imagination has been stimulated by Paris.

Israëlis Bidermanas

なぜ、パリか?
パリが私の想像力をかきたててきたからだ。

Izis

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-04-30 23:59 | wanderlust
<< 過ぎ行く時間 不確実性 >>