<< ホテルの窓からコンバンワ 降りすぎな雪 >>
環境テスト

こんなに雪が降っているのだから
カメラを持って外に出でれば

普段撮ることが出来ない風景の
写真が撮れるかもしれないと思う一方で

カメラが濡れてしまうからとか
読んでいる本がちょうど面白いところだからとか

何よりも寒いから(身も蓋もない理由)とか
外に出ることが出来ないイイワケを自分に
言い聞かせてみるのですが

それでもカメラは大丈夫だろうと思うのは
メーカーが開発段階で環境テストをしている
ことを知っているからです。

気温23℃、相対湿度50%を常温常湿環境とし
10℃・15%が低温低湿、30℃・80%が高温高湿、
これが一般的なテスト環境ですが

携帯電話、ノートパソコン、そしてカメラは
マイナス20℃の国から40℃の国に移動する場合も
考えられるので(考えたくもない)

さらに厳しい環境試験が
行われていることでしょう。

そう思い意を決しバーを出たのはイイのですが
シャッターをたったの一回だけ切って
そそくさとまたバーに逃げ込んでしまいました。

だって寒いんだもの。

たったの一回だけシャッターを切って
撮った写真が今日の一枚です。

カメラが厳しい環境に耐え得る設計でも
それを使う人間にその根性がないのが問題です。

d0138843_21232450.jpg


It is not the strongest of the species that survives,
nor the most intelligent that survives.
It is the one that is the most adaptable to change.

Charles Robert Darwin

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。

チャールズ・ロバート・ダーウィン

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-12-16 23:59 | Deutschland
<< ホテルの窓からコンバンワ 降りすぎな雪 >>