<< モスクの天井に図形問題を想う 退屈をたしなむ >>
しゅっとしてるイスラム寺院

トルコのイスラム寺院にはミナーレとか
ミナレットと呼ばれる尖塔があるのが特徴で

このミナーレがあるおかげでドーム型の
本堂とでも言うのでしょうか、

その丸みが際立ち寺院全体が
しゅっとしてる感じになっています。

しゅっとしてる。

大阪の人が言う「しゅっとしてる」
という語感がしっくりきます。

カッコイイでも洗練されているでもなく
しゅっとしてる、です。

東京で言う「ぱりっとしている」とも
少し違うような気がしますが
とにかくしゅっとしているのです。


話を戻してモスクのミナーレですが
煙突というか鉛筆のような形をした塔です。

煙突の先から出るのは煙で
鉛筆の先から出るのは鉛ですが
ミナーレからは煙も鉛もでません。

なぜならばミナーレは煙突でもなければ
鉛筆でもないからです。

それは知ってるよ。

鉛筆を使うと字が書けるんだ。

それも知ってるよ。

d0138843_4542693.jpg


I frequently encounter patients with
severe belonephobia. Some actually refuse injections
of pain medication after surgery.
Others faint just waiting in line for injections.

Mary E. Muscari

極度の先端恐怖症の患者はよくいます。
手術後の鎮痛剤の注射を拒否する患者もいれば
注射を待っているだけで失神してしまう人もいるのです。

マリー・E・マスカーリ

[PR]
by foto_cychedelico | 2013-10-22 23:59
<< モスクの天井に図形問題を想う 退屈をたしなむ >>