<< 機体の大きさに反比例する脚の長さ 搭乗前 >>
いつものホテルで

写真のホテルに初めて泊まったのは
2005年か2006年の冬で

それまでに見たことがないような
大雪が降っていた事を憶えています。

その当時からホテルの向かいは空き地で
前回泊まった時も空き地のままでしたが

今回来てみると、そこにROSSMANNという
ドイツの大手ドラッグストアができていました。

ちょうどシャンプーが少なくなっていたので
(ホテルのバスルームにもあるのですが)
買いに行ってみるとすでに閉店後でした。

まだ夜の8時なのに。

だいたいこんなモンです。
この国は。

東京で夜の8時だったらシャンプーを買える
ドラッグストアやコンビニがいくらでもあるでしょう。

私はドイツ国民でもなければ、この国に
税金を納めているワケでもないので

シャンプーは諦めてホテルに戻ったのですが
部屋に入って思い出したのは

そーいえば払ってた。

私はドイツに税金を払っているのです。

外国税額控除分が区民税から
差引かれていなくて

確定申告の後に税務署にモンクを
言っていたことを思い出しました。

僅かながらでも税金を納めているとなると
急に考え方が変わるもので

ROSSMANNが夜遅くまで営業していないのは
いいとしても、多くのドイツ人が言うように

「なんでオレ達の金で助けなきゃいけないんだよ」
という気持ちになります。

ギリシャのことです。


今日は欧州経済という少し難しいテーマでした。

どこが?

d0138843_050334.jpg

A study of economics usually reveals that
the best time to buy anything is last year.

Marty Allen

経済学の研究では大抵の場合、何を買うにしても
去年買った方がよかったことを啓示する。

マーティ・アレン

[PR]
by foto_cychedelico | 2013-11-04 23:59 | Deutschland
<< 機体の大きさに反比例する脚の長さ 搭乗前 >>