<< 輝く夜 うしろ姿のうしろめたさ >>
Walk on the wild side

ワイルドサイドを歩けと唄ったのは
ルー・リードというオジサンだったでしょうか。

あるいはオバサンだったでしょうか。

世の中にはオジサンのようなオバサンもいれば
オバサンのようなオジサンもいます。

あなたのような私がいれば
私のようなあなたもいるかもしれません。

あなたのようでも誰かのようでもない私、
私のようでも誰かのようでもないあなた、

それがワイルドサイドではないでしょうか。

そんなことを言い出す人がいたら
「あなたはロマンチックすぎる」とでも言って
スルーしておきましょう。

大抵の場合、遠い目をして満足しますから。

d0138843_111146.jpg


Style is when they’re running you out of town
and you make it look like you’re leading the parade.

William Buty

風格とは町を追い出されようとしていながら
あたかもパレードを率いているかのように見せる事である。

ウィリアム・バティー

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-03-24 23:59 | wanderlust
<< 輝く夜 うしろ姿のうしろめたさ >>