<< double agent taste of ex-Com... >>
嗚呼、愛しきハンブルグ港

今日はハンブルグでの最後の出勤でした。
最後の失禁みたいでなんだか大人になった気分です。

仕事が終わるとドイツ人達から、「二度と来るなよ!」と言われ
食事にでもと誘われましたが、それは断りました。

私の送別会は済んでいたし、またみんなの前で泣いてしまうのが
怖かったからです。

その代わりにハンブルグ港を歩きました。

港町で生まれ育ったせいか、海、湾口、湖、川、風呂、トイレなど
昔から水辺の場所に惹かれます。

ハンブルグ港には鮮やかな緑と赤の船体に3本のマストを持つ
リックマー・リックマース号というインを踏まないと発音できない
美しい船が浮かんでいます。

中は博物館になっていてレストランもあり、ここが私の好きな場所でした。

いいことがあった日も、悪いことがあった日もよくここに来ては
色々考えたり、思ったりしたものです。

嬉しいことと嫌なことがあった日には、ここでチョー楽しいとチョームカツクを
行ったり来たりしていました。
大忙しです。

今日もリックマー・リックマース号を眺めながらハンブルグに来た日のことからの
様々な事をこの港で思い出しました。

ついでに自分が生まれ育った場所が港町ではないことも思い出しました。

泣かせる日記でゴメンネ。

d0138843_23524187.jpg


A ship in port is safe but that's not what ships are
built for.


港に入っている船は安全だが船は停泊するために
建造されたものではない。


イス取りゲームやってます
[PR]
by foto_cychedelico | 2009-03-20 10:08 | Deutschland
<< double agent taste of ex-Com... >>