カテゴリ:wanderlust( 465 )
1308号室

やることはどこにいても
基本的に変わりません。

インターネットのヤローのおかげで
上海にいようがドイツにいようが電話や
ラップトップを使えばどこでも会議が出来ます。

上海の1308号室でドイツと会議をしている最中に
日本のオキャクサマから2週間後のドイツ出張の
予定変更のメールが入りました。

そのメールにウンザリしながらドイツ人と
会議を続けているとドイツ出張の前に
広島に行く仕事が入ります。

出張を重ね着しすぎて
寒い上海でもあったか〜い。

どこかのホテル、飛行機の中、そして自宅でも
目を覚ますと「ここだっけ?」と思う事があります。

少なからずあります。

都合のイイ時だけ記憶喪失。
これはナイスアイデアだ。

d0138843_0503222.jpg


My definition of a good hotel is a place I'd stay at.
Robert De Niro, Jr.

良いホテルの私の定義は私がいたい場所だ。
ロバート・デ・ニーロ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-07 23:59 | wanderlust
生活の色

写真を撮っているとオジサンが
近づいてきてガナリたてます。

何を言っているのかは理解できませんが
どうやら撮った写真を見せろと言っているようです。

「或洗衣異常」
洗濯物が珍しいのけ?

中国の人とは言葉で会話は出来ませんが
字を書けばなんとかなります。

洗濯物は珍しくないけどこの通りは洗濯物がキレイね。
「這條路是美麗的洗衣」

オジサン、勢いを増してがなり立てます。
洗濯したんだからキレイに決まってんだろ、的な。

洗濯をしたからといって
キレイになっているとは言えません。
特にこの国では。

それでも洗濯をすることによって
気持ちはスッキリします。

それが洗濯や掃除のイイところ。

私の自宅では洗濯をするのは
洗濯機であって人間ではありませんが
今日の写真の街では人間が洗濯をしていました。

d0138843_035017.jpg


Travelers are privileged to do the most
improper things with perfect propriety.

Isabella Lucy Bird

旅人には完璧な礼儀正しさをもって
まったく不適切な事をしてしまえる特権がある。

イザベラ・ルーシィ・バード

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-06 23:59 | wanderlust
日本人の見分け方

上海でスターバックスやマクドナルドに
入ると中国語で話しかけられます。

普段から外国人ばかりを相手にしている
ホテルや少し洒落たバーに行くと

会話を交わさなくても私が日本人だと
分かるみたいで最初から英語で話してくれます。

何で私が日本人だと分かるのだろう。

中国人の同僚に訊いてみました。


色々あるけど分かりやすいのは
服装、特にメガネとかクツ。

あとよ〜くみるとオマエの顔は中国人ではない。

そして決定的なのはそのappearance(たたずまい)。


だそうです。

たたずまい?

d0138843_059087.jpg


“People always mistake me for Japanese”, I said,
“As if Asian people who dress fashionably
must come from Japan and not China.”

Wei Hui

「いつも日本人だと思われる」私は言った。
「洗練された服を着ているアジア人は日本人のはずで
中国人ではないってことになるんだ」

衛慧

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-02 23:59 | wanderlust
上海のミランダさん

中国のヒト、よくしゃべります。

ただでさえ声がデカいのにスマートフォンに
繋がったその細いコードに付いている
小さなマイクをわざわざ口元まで
引っぱり寄せて叫ぶように話しています。

セミがやかましく鳴き続ける日本の夏みたいだ。

会話をしていなくても歩きスマホの集中力は
素晴らしく、そこにミランダ・カーのような
美女がいても、ヒトにぶつかっても、
車に轢かれてもスマホから目を離しません。

ミランダ・カーが美女かどうかは
私が決めることではない。

そんな謙虚さを持ちつつ、しゃべればしゃべるほどに
ヒトは話を訊かないなぁなんて想いつつ
オスの蝉は求愛のために鳴く。

そしてメスの蝉には耳がない。

d0138843_1225975.jpg


I'm going to put on my gravestone,
“He never owned a cell phone.”

Jesse Ventura

自分の墓石にはこう彫るつもりだ。
「携帯電話を生涯持たなかった男」

ジェシー・ベンチュラ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-01 23:59 | wanderlust
上海環球金融中心から

去年ここに来た時には100階に展望台がある
上海環球金融中心が上海で一番ビルだったのですが
今年、隣にもっと高いビルが完成しました。

富める者はより豊かに、
貧しい者はより貧しく。

上海、そんな印象です。

そしてみんな声がデカい。

中国語で話しかけるな。

d0138843_01658.jpg


The city has a strong preference for things Japanese.
Songs by Amuro Namie, books by Murakami Haruki,
TV shows by Kimura Takuya, countless Japanese-style
comics and Japanese-made electrical appliances have
won the hearts of the Shanghainese.

Wei Hui

この都市はかなり親日的である。
安室奈美恵、村上春樹、木村拓哉、
それに数えきれないほどのアニメ。
日本製の電気製品は人々の羨望の的だ。

衛慧

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-11-30 23:59 | wanderlust
隣国に逃げる

ドイツは概ねきちんとした国ですが
それでも数週間もいると嫌気がさします。

食べ物がアレだから・・・

週末に隣の国に行ってみると
少し寛容になれるのですが

その国に何回も行っていると
やっぱり“食べ物がね・・・”となってしまい
人間はワガママだなぁと。

食べ物にはあまり頓着しないのですが
日本に帰る時に乗る飛行機の和食が
美味しいったらありゃしない。

ドイツに行って、その隣国まで行って
日本が一番ということを何度も確認して
まったくゴクローな話です。

d0138843_1372457.jpg


When one realizes that his life is worthless
he either commits suicide or travels.

Edward Dahlberg

自分の人生に何の価値もないと認識した者は
自殺をするか旅に出る。

エドワード・ダルバーグ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-10-30 23:59 | wanderlust
雨晴駅

先日、仕事で新潟に行く機会がありました。

せっかく新潟まで行くのだから
近くで花火大会でもやってないかな

と思いネットで検索したら
その日、石川県で花火大会があったので

仕事はとっとと済ませレンタカーを
借りて新潟から石川まで行ったワケです。

新潟から石川の目的地までの距離を
事前に調べた時には350kmくらいだったので
2時間程度で目的地に着くと思っていたのですが

車のナビに目的地を入力したら
4時間も掛かるとおっしゃります。

ナビがアホだと信じ込んでいたのですが
本当に4時間かかりました。

日本には制限速度というモノがあるのですね。

翌日、石川から新潟に車で帰る途中、ナビの“雨晴駅”なる
文字が目に入りロマンティックが止まらない。

d0138843_0145940.jpg


The cars we drive say a lot about us.
Alexandra Paul

カーナビは運転している人間について色々と語る。
アレクサンドラ・ポール



参加者募集中です。
あと800人しか参加できません。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
d0138843_22192492.jpg

参加者リストはこちら
[PR]
by foto_cychedelico | 2015-09-03 23:59 | wanderlust
ヴォティーフ教会

今日みたいな写真を撮る時は
広角レンズを使っています。

見りゃ分かるよという話ですが
私の広角レンズにはやたらとネジが付いていて

レンズがアッチ向いたり
ズレたりするお調子者です。

何かの目的があってそのレンズを
買ったのだと思いますが

写真を撮る時にいちいちネジをゆるめて
レンズをアッチ向かせたりズラしたりして

またネジを締めるなんてメンドーで
しょうがねぇやコノヤロー。

買ったはイイけど最近ではレンズを
アッチに向かせることもなければズラすこともありません。

レンズをズラしてる間に自分のヅラがずれちゃうしね。

こういう終わり方はダメかな。
うん、ダメそうだ。

d0138843_1311553.jpg


Church is like baseball.
Many attend few understand.

Karsten Franz

教会とは野球みたいなものだ。
多くの人がワケも分からずやってくる。

カーステン・フランツ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-07-24 23:59 | wanderlust
建物の写真

意匠がカッコよかったり美しい
建物の写真を撮るのが好きです。

でもそういった建築物はやはり
建てるのにも維持するのにも
費用が掛かります。

欧州の教会、美術館、修道院などでは
基本的に撮影禁止の場所でも

数百円程度を払えば撮影がOKとなり
一般人でも写真が撮れる所があります。

入り口で「写真撮らせてけろ」と言って
数ユーロを払うと撮影が許可された証に
カメラの絵がついた小さなシールが与えられ

それをカメラとかカメラバッグとか
胸のような目立つところに貼っておけば
堂々と写真が撮れるのですが

大抵の場合、シールの粘着力が弱すぎて
歩いているうちにはがれ落ちて失くしてしまいます。

そして警備の人に「写真撮るなら金払え」と
怒られるのですが

よく出来たシステムとは
こういう事だと思います。

d0138843_1172114.jpg


The construction cost should be less expensive.
What are they thinking?

Tadao Ando

工事費はもっと下げられるでしょ?
何考えてんねん。

安藤 忠雄

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-07-17 23:59 | wanderlust
名もなき少年

初めて行く国に行ったらマクドナルドや
スターバックスのような世界的な
チェーン店に行きます。

私のような経済学者の間では
常識とされている行為ですが
その国の物価水準を確認するためです。

その街の観光名所、目抜き通りのレストランや
カフェに行けばその街が観光客から
どれほどボッたくってるかがわかります。

そしてその国の幸福度を図るのに
その国の子供を観てみるのが
一つの方法とされています。

私のような社会人類学者の間では。

経済学者の舌の根が乾かぬうちに
社会人類学者になっちゃったね。

d0138843_0521714.jpg


The first half of our lives is ruined by our parents
and the second half by our children.

Clarence Darraow

人生の前半は親に台無しにされ
後半は子供のよって台無しにされる。

クレランス・ダロー

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-07-12 23:59 | wanderlust