<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
よいお年を

あーおもしろかった!

今年を振り返って、一言で表現するならそんな感じになります。

ブログを通じて多くの人と知り合うことができました。

いつもコメントを下さる皆さん、ありがとうございます。

コメントを残してくれなくても見てくれている皆さん、ありがとうございます。

このブログを見てくれていない皆さんに掛ける言葉はありません。

当たり前だよね。

今年最後の記事がこんなに薄っぺらい内容でいいのでしょうか。

仕方のない話です。

だって人間だもの by みつを

っていうかfoto_cychedelicoだもの by 私

来年もウダツの上がらないこと間違いナシです。

d0138843_21581773.jpg


Life can only be understood backwards;
but it must be lived forwards.

Soren Kierkegaard

人生は後ろ向きにか理解できないが、前向きにしか生きられない。
ゼーレン・キルケゴール


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-31 22:18 | Tokyo
今年最後の忘年会

写真を撮る目的で複数の人と一緒に出掛けた事がありません。

昨日の夜、12展の忘年会があり、昼間から時間がある人達で
出掛けようという話が出たので逗子まで行って初めて何人かの人と
一緒に写真を撮るという経験をしました。

一緒に行ったのはrealgraphicaサンVostok31サンゆかチャン

逗子駅でMCNサンと合流。

そしてなぜかオオォさん(2009年 アホ・オブ・ザ・イヤー)と大阪から
来ていたモデルのちょもサンも逗子駅前のマクドナルドにいました。

カメラや写真に関してはみなさん経験がある方で撮り方も
人それぞれです。

撮影はけっこうどーでもよくて、みんなと一緒に遊びたかった
だけなのですが、いざ撮り始めてみると他の人の撮り方が
かなり刺激になりました。

オオォさんにはレンズ借りたり、ストロボ借りたり、ひっぱたかれたり
ひっぱたいたり、ありがとうございました。

楽しすぎてまともな写真がほとんど撮れませんでしたが
行ってよかったです。

そして逗子から渋谷に行って忘年会、多くの人が集まりまたしても
壊れたステレオみたいな笑い声が朝まで続いていました。

d0138843_230022.jpg


Purposefully hang out with freaks.
Tom Peters

意識して変人と付き合う。
Tom Peters


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-30 23:59 | wanderlust
後ろから抱きしめたい

冬になると横浜の赤レンガ倉庫にスケートリンクが設けられます。

リンクの上でベッタリへばりついてすべっているケシカランというか
ウラヤマシイ恋人さん達がいるワケです。

私も後ろから抱きしめたいです。

自分を…

d0138843_23195916.jpg


Well, there are some important things in addition to
the rule and competition on the ice rink.

Shizuka Arakawa

ああ、スケートにはルールとの戦いのほかに大切なものがあるんだ。
荒川 静香


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-27 23:31 | Yokohama
東京ミッドタウン

LEDがタイヘンなことになっていました。

ライト・エミッション・ダイオードが大忙しです。

見に来ている人の数もとんでもないことになっていました。

LEDと見物客、どっちが多いのかサッパリ分かりません。

ニュージーランドでは人口よりもヒツジの数の方が
多いそうです。

今のクダリは全く必要ないね。

ミッドタウンのイルミネーション、いったいどれだけの
LEDが使われているか想像がつくでしょうか。

私には見当もつきません。

d0138843_23342162.jpg


The reason why I could successfully invent blue LED is
that I was always conscious of making something with
my hands which shows proof of human being.

Shuji Nakamura

私が青色発光ダイオードを成功させることができたのは、この人間の
証である“手でモノをつくる”という意識を忘れなかったからだ。

中村 修二


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-25 23:59 | Tokyo
クリスマスに生まれた人

8月に生まれた私の誕生日は子供の頃であれば
とうぜん夏休みです。

大人になった今でもうっかりするとお盆休みの時期で
あまり人に祝ってもらうことがありません。

キリストさんという方はこの世を去ってズイブン経つというのに
毎年のように誕生日をみんなに祝ってもらっています。

クリスマスと同じ日に生まれたキリストさんが
ちょっと羨ましいです。

おめでとう、キリストさん。

もしかして1日早かったかな。

d0138843_2110322.jpg


We have just enough religion to make us hate,
but not enough to make us love one another.

Jonathan Swift

我々は憎しみ合うための宗教は十分にもっているが、
愛し合うための宗教は十分に持ち合わせていない。

ジョナサン・スウィフト


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-24 21:39 | empty talk
空港

暮れなずむ空港の光と影の中、去りゆく誰かに贈る言葉は
ありませんが空港という空間が好きです。

d0138843_22353781.jpg


I think airport is a place where dream exists.
Masahiro Gamou

空港って夢がある場所だと思うんです。
蒲生 昌弘


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-23 22:39 | wanderlust
ジーマス君

1970年代にドイツのバイヤスドルフという企業から日本の
花王という会社に技術者の一団が派遣されました。

その目的はニベアや8x4という商品の生産技術を伝えるためです。

今でもニベアや8x4の裏側には“ドイツ バイヤスドルフ社との技術提携品”と
記されています。

技術者の中にジーマスというドイツ人エンジニアがいて、彼は奥さんと
幼い長女、アントニアと共に来日しました。

ジーマス一家が日本に滞在している期間に二人目の子供が産まれます。

東京、目白の聖母病院で生まれたジーマス夫妻の二人目の子供は
男の子でカーステンと名付けられました。

カーステンが誕生してからしばらくして家族はドイツに戻ることになります。

大人なになったカーステンは世界中を飛び回って仕事をしていた父親の
影響で自分も海外に出て仕事がしたいと思うようになり、外国と取引がある
ハンブルグに本社を置く企業に就職します。

そこでカーステン・ジーマスの面倒を見る係になったのが川口サンという
日本人です。

二人は3年ほど一緒に仕事した後、カーステンは上海に異動、
ミラクル&ワンダーなスピードで上海支局長となりました。

一方、川口サンは日本に異動、foto cychedelicoになっちゃった。

この差はいったいナンですか?

d0138843_224747.jpg


I don't trust him. We're friends.
Bertolt Brecht

彼の事は信用できない。友達だからね。
ベルトルト・ブレヒト


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-21 22:17 | wanderlust
大切なモノはなんですか

上海には夢のような高層建築物が山ほどあります。

その高層建築から街を見下ろすと、街にポッカリ穴があいたように
昔ながらの区画がまるで過去みたいに目に入ってきます。

開発が遅れている地区できっと数年後にはなくなっている場所でしょう。

そこには何十年も続いた人々の生活が根付いていて、大切なことは
そういう場所にこそあるような気もするのです。

昨日書いた忘れ物の話ですが、忘れ物をしたままでモヤモヤしているのも
イヤでしたし、とても大切なモノだったので日本まで取りに帰りました。

大切なモノはいつか大切ではないモノになるかもしれません。

でも大切なモノが大切なうちは大切にしておきたいとも思います。

大切、大切ってうるさいよ。

今日もいい話でゴメンネ。

d0138843_2330890.jpg


Most important thing is invisible, little prince repeats
not to forget.

Antoine de Saint-Exupéry

「肝心なことは目に見えない」と王子様は忘れないように繰り返しました。
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-19 23:59 | wanderlust
忘れ物をしたようです

行き先がどこであろうと出張に持って行く荷物は
いつも決まっています。

カバンとスーツケース、その中身もほとんどいつも同じです。

自分の中で出張セットというものが出来あがっているので
忘れ物をするということもありません。

万が一、忘れ物をしたとしてもよっぽどのモノでない限り
またよっぽどの田舎でない限り、現地で調達が可能です。

物質的なものはそれで済みます。

出張先でいまひとつ仕事に集中出来ないという時は
精神的なものを日本に置いてきてしまった時です。

例えばハートを日本に忘れてきたら仕事になりません。

そういうことがたまにあるのです。

ハートと言っても心臓のことじゃないよ。

そんなモン忘れてきたら仕事どころか生きることすら出来ないからね。

d0138843_2329558.jpg


Especially the Oriental Pearl Tower, Asia's tallest,
its long steel column pierces the sky, proof of the city's
phaillus worship.

Wei Hui - Shanghai Baby -

ことにアジア随一と称される東方明珠タワー、その長い鉄柱は
天空を突き刺し、この都市の生殖崇拝の証となっていた。

衛慧 「上海ベイビー」


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-18 22:26 | wanderlust
バタバタしてます

12月もなかばを過ぎるとさすがにバタバタしてきます。

みんな浮足立っていてフワフワな感じです。

それでも日々はものすごいスピードで過ぎていき
まるでヒコーキが離陸する時のようです。

と思ったらヒコーキが離陸してたよ。

d0138843_20105943.jpg


All electronic devices may not be used during
takeoff or landing.


全ての電子機器は離陸時または着陸時にはご使用になれません。


[PR]
by foto_cychedelico | 2009-12-17 20:21 | time to work