<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Barにて

横浜ではない写真はかなり久しぶりです。
酒ガラミの写真は久しぶりでもありません。

先日行った自由が丘のバー。
とてもイイ雰囲気でした。

いいバーに並べられたボトルは必ず輝いています。
たくさんの客が集まりボトルがホコリをかぶるヒマがないからです。

もしくはバーテンダーがボトルをマメに拭いているからです。

もしくはフォトショップで輝きを盛っているからです。

このバーが誇る、数える気すら起こらないほどに並べられた
シングルモルトのボトルがとてもセクシーでした。

シングルモルトの品揃えが自慢の店でワインしか呑まない
へなちょこップリだけど。

d0138843_21431919.jpg


Three components are indispensable for a bar,
booze, atmosphere, bartender.

BRUTUS 2010 10/15

バーの要素は「酒」「箱」「人」の3つ。
ブルータス 2010 10/15号


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-31 23:59 | Tokyo
YOKOHAMA SONGS bonus track

私はその人のことを鈴木サンと呼びます。
その鈴木サンに言いました。

1月15日に。
私を鈴木サンに会わせてくれた人達全員の前で。

「ヨコハマなう。」はキース・リチャーズに声を掛けられて
ローリング・ストーンズのステージに立つくらいのオハナシです、と。

ちっとも大袈裟ではなく、とも言いました。

鈴木サンは即座に「意味がワカンナイ」と冷やかに言い、
私は「意味を分かれよ、コノヤロー」とプンスカでした。


去年の10月9日、「ヨコハマなう。」に参加させて頂くことが
決まった時は過去に撮った横浜の写真を出展しようと思っていたのです。

12月10日に同じテーマ、同じフォーマットで展示しない?
と誘われた時には正直考えてしまいました。

鈴木サンと同じスタイルで展示するということは
かなり恥ずかしいことです。

写真を比較されたら目も当てられません。
穴がなくても入りたい。

12月18日に色違いでお揃いの額を横浜の世界堂で買いました。
鈴木サンはゴールド、私はシルバー。

「ゴールドは私っぽくない」とお金を払う直前まで
鈴木サンはガタガタ言っていました。

その日、みなとみらいの夜景が見えるお店で一緒に
食事をした帰りに思い出したのです。

このブログをはじめた時のことを。


2009年3月9日にこのブログを公開しましたが
登録したのは2007年12月26日です。

2005年から2007年まで別のブログをやっていたのですが
そのブログを終わりにした直後にこのブログを設定しました。

すずちゃんのカメラ!かめら!camera!にこのブログから
初めてコメントしたのは2009年3月14日、日本時間の3時42分です。

横浜と姉妹港があるドイツのハンブルグという街に
住んでいた時に最初のコメントを書きました。

でもホントはそれより前にコメントを残しているのです。

鈴木サンご本人にも言っていないことですが、以前のブログをやっていた
2007年に鈴木サンのブログにコメントを書きました。

鈴木サンからのお返事もその当時のブログに残っています。


このブログを登録してから公開するまでの1年以上、鈴木サンの
写真をマネしては毎日このブログにエントリーしていました。

非公開で。

幸いハンブルグには横浜のような風景が数多くあります。

というより、横浜にはハンブルグのような風景が多くあると
書いた方が正しいのかもしれません。

ドイツと日本を行ったり来たりする生活が続く中、日本に行った時には
時間が許す限り横浜に行って写真を撮りました。

1年以上(今考えればたった1年ですが)、マネをして
「鈴木サンのような写真は撮れない」と悟った時に
このブログを公開したのです。

毎日、鈴木サンの写真と自分の写真を比べては恥ずかしい
思いを誰よりもしていたのは私自身です。

恥ずかしい思いを1年以上続けた経験があるので、今さら
誰かに鈴木サンと私の写真を比較されてもヘッチャラさ。

額を買った12月18日、自宅に帰る電車の中でそう思ったのです。


私はその人のことを鈴木サンと呼びます。
なぜなら・・・


なぜならその人の苗字が鈴木だからです。

d0138843_349536.jpg


How to think photo
How to show photo
How to feel photo

Tomoko Suzuki

写真の考え方
写真の見せ方
写真の感じ方

鈴木 知子


コメントのお返しが遅れています。スイマセン。


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-29 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS last track

「LOVE AFFAIR~秘密のデート」
サザンオールスターズ



山下公園の真向かいに開業当時からチャーリー・チャップリン、
英国王室、ダグラス・マッカーサーといった賓客が数多く訪れている
格式高いホテルが存在します。

ドリアやナポリタン、プリンアラモードも
このホテルで生み出されました。

そんなホテルの1階にBar、シーガーディアンⅡはあります。

2010年から2011年にかわる頃、横浜で撮影をしては
いつも写真のおねいさんに酔わされていたような気がします。

おねいさん、いくら自宅の近所だからって
伝統あるホテルにパジャマで来ちゃダメだよね。


撮影場所:HOTEL NEW GRAND, Sea GuardianⅡ


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。

d0138843_233525.jpg


マリンルージュで愛されて 
大黒埠頭で虹を見て
シーガーディアンで酔わされて
まだ離れたくない


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-28 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS track 8

「桜木町」
ゆず



この曲もまた別れの唄です。

横浜を歌った曲からイメージして写真を撮るという
お題を頂戴するまでこの歌は知りませんでした。

YouTubeで初めてこの曲を聴いた時
イイ歌だなと思ってしまったのです。

歌に感情移入しすぎてロマンチストを
こじらせてしまいました。

この曲はFというコードではじまります。

コードというのはザックリ言えば三つの音をいっぺんに
鳴らし、それらの音がブサイクにからみ合っていると
不協和音というものになってしまいます。

ギターを弾くようになって長いこと経ちますが
いまだFが苦手です。


撮影日:2010年12月23日
撮影場所:よこはまコスモワールド


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。

d0138843_2133593.jpg


大きな観覧車 「花火みたいだね」って
笑った君の横顔 時間が止まって欲しかった


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-27 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS track 7

「サヨナラ横浜」
石原 裕次郎



横浜を歌った曲には別れをテーマにしたものも多くあります。

海の男が歌った別れの曲には「出港する船」という
イメージから飛鳥Ⅱです。

飛鳥Ⅱは日を変えて別の場所からも撮ったのですが、サヨナラ感が
あるような気がしたので出港時のこの写真に決めました。

この曲を歌った「昭和の太陽」、「日本中で最も愛された男」と称された人物と
私のイメージが重なる人もいるかもしれません。

いないかもしれません。


撮影日:2010年12月26日
撮影場所:象の鼻パーク


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。


念願叶い、ショートカットがとっても似合うキュートでエレガント、
かつ大人の女性の魅力が炸裂しているイラストレーター
えこサンのブログ、ビーズツブに登場です。

えこサン、ありがとうございました。

d0138843_21365564.jpg


別れの夜を 残り火の
恋の炎で飾ろうか
サヨナラ横浜 霧の街


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-26 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS track 6

「ブルーライト・ヨコハマ」
いしだ あゆみ



横浜のご当地ソングの中ではかなり有名な歌です。

オリジナルは1968年12月25日にリリースされ
100万枚を超える大ヒットとなりました。

いしだあゆみはこの曲で翌年の第20回NHK紅白歌合戦に
初出場を果たしています。

当時の朝日新聞に連載されていた「サザエさん」の中にも
この曲にまつわるクダリがあります。

サザエさんが駅の窓口で横浜行きの切符を買う時に
つい「ブルーライトよこはま1枚」と言ってしまい
赤面してしまうのです。

ウッカリすぎるよ、サザエさん。


撮影日:2010年12月23日
撮影場所:クイーンズスクエア横浜1F クイーンズパーク


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。

d0138843_216184.jpg


街の灯りがとてもきれいね
ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-25 23:59
YOKOHAMA SONGS track 5

「One more time, One more chance」
山崎まさよし



実際この歌は「フラれた時に聴くミックス」という
かなり哀しいフォルダに入っている曲です。

オリジナルではなく、ピアノひとつで歌うこの人のカバーが好きで
撮影があった年末年始、横浜に向かう途中よく聴いていました。

おかげでこの年末年始はフラれた時の切なさを
常時キープです。

こんなトコにいるはずもない元カノジョ役の女優サン
同じテーマでホームのこっちとあっちで撮り合った写真です。


撮影日:2011年1月2日
撮影場所:JR桜木町駅


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。

d0138843_19413767.jpg


いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-24 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS track 4

「チャイナタウン」
矢沢 永吉



この曲に合ったシーンを撮ろうと思い
何日か中華街を歩きまわりました。

それでも結局のところ、何度も撮影している
ココになってしまったのです。

市場通りと香港路を結ぶ台南小路。

写真左側、「福桜」というお店の外にある蒸籠(セイロウ)のフタを
店員さんが開けて湯気が出る瞬間しか狙っていなかったのです。

横浜の中華街で一番セクシーな路地は
矢沢のエイちゃんっぽい路地でもありました。

今気づいたけどこの写真
よく見るとブレてるね。

よく見なくてもブレてるのかな。


撮影日:2010年12月26日
撮影場所:横浜中華街 台南小路


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。

d0138843_137733.jpg


チャイナタウン この街を行けば
お前とのお想い出が風のように頬を打つ
チャイナタウン 空のポケットに
夢ばかり詰め込んで生きていた二人さ


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-23 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS track 3

「FENCEの向うのアメリカ」
柳ジョージ&レイニーウッド



以前、鈴木サンが柵越しに星条旗を撮影していたので
そんな雰囲気をぼんやりイメージしていました。

鈴木サンに場所のヒントだけ教えてもらい去年の
12月23日に根岸森林公園に行って絵を決めた一枚です。

星条旗ではないモノでアメリカを表現したいと
思っていたのですがピッタリのものがありました。

夕暮れ時になると黒い柵を太陽が黄金に染めることが
分かっていたのでその時を狙っていたのです。

バスケットをしていた高校生の二人組にブログのURLが
書いてある名刺を渡し、事情を説明してお願いしました。

横浜をイメージする写真を撮ってて、来週山手の234番館で
展示するから協力してくれない?

スリーポイントレンジから何十発も打ってもらったのですが
それがまたスポンスポン入るのです。

三井寿と私が名付けたその高校生が疲れてきても
「ガンバレ、ミッチー!炎の男!!」とか
「諦めたらそこで終わりですよ by 安西先生」などと
こっちの都合で勝手な励ましをしながら撮った写真です。

ミッチーにちょー感謝!

その高校生、女子だったけどね。


撮影:2010年1月8日
撮影場所:根岸森林公園


YOKOHAMA SONGS 【GOLD DISC】はコチラ。

d0138843_23402766.jpg


もう流れない潮風と赤いCANDY
高いFENCE越えて観たAMERICA


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-22 23:59 | Yokohama
YOKOHAMA SONGS track 2

YOKOHAMA SONGS、2曲目はダ・カーポという
グループが歌った「よこはま詩集」という曲です。

9曲の中で一番最初に撮ったカットでした。

去年の12月12日、Caby☆ズッコケ若センセ
横浜でデートしている時に外人墓地で撮った写真です。

1曲目、2曲目とあまり有名ではない歌が続いていますが
先に写真を撮って後からそれっぽい歌を探したワケではありません。

タブン…

d0138843_2248382.jpg


外人墓地 フランス山
枯葉色染まる小路


[PR]
by foto_cychedelico | 2011-01-21 23:59 | Yokohama