<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
寒すぎます

ブルージュまで来たのは
いいのですが

寒くて寒くて
それはもう寒すぎて

3分くらいしか
外に出ていることが出来ず

こんなトコまできて
わーい、やったー!
ウルトラマンになった気分

なんて喜ぶことはなく

街の魅力の一つである
運河が凍ってしまい

その上を鳥だの人間だのが
歩く始末でその姿といったら

この運河の氷が割れることなど
決してあり得ないという

運河に張った氷よりもぶ厚い
絶対的な信頼に基づいているようにも見え

北海道の稚内よりも北に位置する
街なので寒いのは当然の話です。

d0138843_518939.jpg


The winter in Europe is so cold to be frozen.
Kōtarō Sawaki

冬のヨーロッパは凍るように冷たかった。
沢木 耕太郎

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-29 23:59 | wanderlust
ブルージュ

天井のない美術館と呼ばれる
ブルージュというベルギーの小さな街に

私がはじめて来たのは
今から16年以上も前のことです。

その時は英国から船でドーバー海峡を渡り、
オステンドというベルギーの港町から
電車でブルージュまで行ったのですが

バックパックを背負って石畳の道を駅から歩き
街の中心のマルクト広場に出た時に

こんなに美しい街が存在するのかと
口をあんぐりさせたのを
昨日の事のように覚えています。

しかし観光シーズンが終わりきっていない
9月だったことと街に着いた時間が夕方だった為に

街中の宿を一軒一軒まわったのですが
結局その日のホテルが見つからず

夜になって泣く泣く電車で
ブリュッセルに移動したのでした。

ケータイ電話もインターネットも
一般的ではなかった時代の話です。

ブリュッセルに向かう電車の中で
「いつかきっとまたブルージュに行こう」と思い
16年以上も経ってからまたここにやってきました。

この街の鐘桜から聞こえる鐘の音は
今までのどこの街のそれよりも美しいです。

d0138843_6354284.jpg


Having recall of travel means to
delight your life twice.

Felix Mendelssohn

旅を思い出す事は人生を二度楽しむこと。
フェリックス・メンデルスゾーン

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-28 23:59 | wanderlust
日本人の絵描き

思えばフランスとイタリアを
まわっている時は芸術家との
出会いが多くありました。

リヨンのマダム・ヴァコニュ

フィレンツェのヴェッキアリーノさん

そしてローマの朱クン

ブログに書いただけでも3人、
ブログに書いてない人まで含めると
378人の芸術家と出会っていて

その人達のことをイチイチ書いていたら
キリがないというものです。


たくさんの芸術家に会ったのは今回の旅で
最初に出逢ったのが日本人の絵描きの方
だったからかもしれません。

その人は大阪から来た女性で
パリで会いました。

小田実の著書「何でも見てやろう」を
バイブルとする百戦錬磨の旅人です。

旅先で如何に優雅に過ごすかを
実に心得た方で決して欲張らず、

行きたいと思っていた場所で
ゆっくり絵を描きながら過ごしていました。

パリで出逢ったので私はその方のことを
終始マダムと呼んでいたのですが

ご本人はなんだか照れくさそうにしていたのが
今でも印象に残っています。

私がパリから南に行きイタリアまで
まわることを話すと無事に旅が終わるように

お守り、そしてお年玉までくれた
その人の名はマダム・フクイ。

写真は1月7日、オペラ座近くの
レストランで撮ったもので
右側の赤いセーターのご婦人がマダム・フクイ。

左側の視線があさっての方にイッちゃってるのは
マダム・フクイのお孫さんのマダモアゼル・フクイ

d0138843_255298.jpg


Your camera looks like a bazooka.
Madame Fukui

バズーカ砲みたいなカメラやね〜。
マダム・フクイ

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-27 23:59 | wanderlust
活字中毒

活字中毒という病を
長年わずらっているので
今回の旅にも2冊の文庫本

「どくとるマンボウ航海記」北 杜夫
「旅する力 深夜特急ノート」沢木 耕太郎

を持って来ているのですがそれらをとっくに
読み終えてしまっていたので

本を1冊買っておこうと思い
パリの名物となっているセーヌ川沿いに
並ぶブックスタンドに行ってみるも

私が読んで理解出来る本は
やはり1冊もなくジュンク堂(日本の本屋)
パリ店に行ってみたのです。

店に行くまでに読もう読もうと
思いながらその機会を何年も逃して来た

金子 光晴という人が書いた
「どくろ杯」という本を買おうと考えていて

運良くその本はジュンク堂にあり
書棚の前でいざその本に手を差し伸べると

私の左側にいたソルボンヌ大学で
日本文学を専攻しているという

パリジェンヌの右手がどくろ杯に伸び
私が差し出した左手と重なり

ハッとして二人は見つめ合うと
一瞬にして恋に落ちていったのです。

なんて出来すぎたロマンスがあるワケもなく
どくろ杯の斜め上に陳列されていた

裸の大将こと山下清が書いた
「ヨーロッパぶらりぶらり」という本が
気になって仕方なかったのです。

結局ヨーロッパぶらりぶらりを買ったのですが
この本がとても楽しいので

ジュンク堂で妄想したソルボンヌ大学で
日本文学を専攻しているパリジェンヌのことは
すぐに忘れてしまったんだな。

d0138843_634736.jpg


Why is the town of Paris such an outdated?
Kiyoshi Yamashita

どうしてパリの町はこんなに古くさいのかな。
山下 清

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-26 23:59 | wanderlust
バラのレストラン

思えば1月4日、パリに着いたその夜
最初に入ったのがこのレストランでした。

ホテルの1階がこのイタリアンレストランで
寝床から近いというのは何より便利です。

パリでは毎日のようにここで
食事をしたりワインを呑んでいるので

働いている人達とはすっかり
顔馴染みになりました。

その中でも特に陽気な
イタリア人の二人

日本人の客が入って来るたびに
「オーサカ」、「ナゴヤ」、注文すらしていないのに
「オカイケイ」などと言っている

トマーゾとフィルミーノは
愛すべき超テキトーなおっさん達です。

d0138843_746846.jpg


Happiness is a way of travel,
not a destination.

Roy M. Goodman

幸せとは旅の仕方であって、
行き先のことではない。

ロイ・M・グッドマン

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-25 23:59 | wanderlust
鏡の間

第一次世界大戦を公式に
終わらせた約束のことを

日本では
同盟及連合国ト独逸国トノ平和条約
と言うそうですが

何のことか
さっぱり分かりません。

写真はその約束が
交わされた部屋です。

ヴェルサイユ宮殿で
調印された条約なので
ヴェルサイユ条約です。

d0138843_8462711.jpg


Diplomacy; n
A patriotic action telling lies for homeland.

Ambrose Bierce

外交; 名詞
祖国のために嘘を言う愛国的行為。

アンブローズ・ビアス

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-24 23:59 | wanderlust
パリの地下鉄

パリの地下鉄のホームはどこも
魅力的ですが特にシテ駅、

ノートルダム寺院の最寄り駅の
プラットホームが好きです。

生活者の日常的な移動手段である
地下鉄の駅を魅力に感じるのは

私が旅行者であるからに
他なりません。

d0138843_723464.jpg


I still commute using metro
with too long dream

NOKKO

あたしもあいかわらず地下鉄で通ってるの
長すぎる夢を見て

NOKKO

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-23 23:59 | wanderlust
おフランスで髪の毛を切るの巻

髪の毛がいいかげんロックな
感じになってきたので

ここはひとつ散髪に
行っておこうという話です。

旅をしているだけなら
髪の毛なんぞは
伸ばし放題でいいのですが

ヴェルサイユ宮殿で行われる
パーティに招待されているので

日本代表としてはちゃんとして
おいた方がいいかと思いまして。


外国で髪の毛を切る時は
やはり緊張を隠せません。

おかしな髪型にならないように
「いつもの感じで」って言ってみたけど
やっぱり不思議な顔されちゃったよ。

日本語で言ったのが
いけなかったのかな。

d0138843_539542.jpg


Hair is long-term friend.
Daiichi Pharmaceutical Co., Ltd.

髪は長〜い友達。
第一製薬株式会社

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-22 23:59 | wanderlust
パリ再び

まだ寝ているのと
目が覚めるとの中間あたりで

あれ、ここ何処だっけ?
と思うことがあります。

ホテルの窓から外を眺めると
そこはパリで

この街にはやはり圧倒的な
サムシングがあるような気がします。

d0138843_516983.jpg


Journey is similar to speech, both of them are
easy to start but difficult to finish.

Raymond Caine

旅はスピーチに似ている。
始めるのは簡単だが終えるのは難しい。

レイモンド・ケイン

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-21 23:59 | wanderlust
白 in 青

パリからローマまでの移動は
全て電車を使いました。

パリ→リヨン
1時間59分 69.00ユーロ

リヨン→マルセイユ
1時間43分 39.00ユーロ

マルセイユ→ニース
2時間32分 35.00ユーロ

ニース→ミラノ
4時間37分 33.50ユーロ

ミラノ→ヴェネツィア
2時間35分 32.50ユーロ

ヴェネツィア→フィレンツェ
2時間8分 43.00ユーロ

フィレンツェ→ローマ
1時間31分 45.00ユーロ


合計
17時間05分 297.00ユーロ

電車に乗っていただけの時間です。

1ユーロざっくり100円として
合計29,700円也。

東京−大阪間を新幹線の指定席で
行って帰ってくる値段よりも安いです。


ローマからパリまで帰るのには
ヒコーキを使いました。

2時間00分 42.36ユーロ


何が高くて何が安いのか
よく分かりません。

d0138843_785676.jpg


In the course of our trips, the internal scene of
ourselves can unexpectedly be seen in the landscape
we look at abstractedly.
At that time the scene becomes “window of journey”
through which we review ourselves.

Kōtarō Sawaki

旅を続けていると、ぼんやり眼をやった風景の中に
不意に私たちの内部の風景が見えてくることがある。
そのとき、それが自分を眺める窓、「旅の窓」になっているのだ。

沢木 耕太郎

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-02-20 23:59 | wanderlust