<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
reminder

reminderとは「思い出させるもの」で
「催促状」とも訳されます。

ちっとも急いではいませんが大切なことなので
September30さんÉCRANセンセ

二人の大先輩がユーロスナップの展示を
忘れないようにここに書いておきましょう。

私もたいがい好き勝手やってきたので
人様のことを言える立場ではありませんが
お二人の好き勝手は私なんかの比ではなく

例えば私の好き勝手が広島級なら
お二人のそれはチェルノブイリです。

分かりにくい上に不謹慎な例えですが
ザックリ400倍の違いがあります。

好き勝手放題のお二人が “忘れてた”
なんてことにならないように
ここに書いておきましょう。

電話料金請求の催促状と同様
reminderを受け取るのは
基本的に嫌なことですが

そんな感じの悪いモノを送る時は
受け取る側の人の記念日など

めでたい日に送りつけるのが
グローバル・スタンダードです。

今日は9月30日です。

d0138843_22413394.jpg


Neither venue nor schedule has been fixed.
Hideto Uchiike

開催場所・会期いっさい未定。
内池 秀人

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-30 23:59 | wanderlust
また空港

日常サンの個展も観たし
ユーロスナップに戻ります。

日本はとにかく湿度が高くて
どうもダメです。

国の発展とその気候条件は
深く関わっているという
研究がありますが

あんなにムシムシする国なのに
ここまで日本を発展させた
先人達は偉いと思います。

と思ったらユーロも湿度が高い。

d0138843_2250815.jpg


Passenger carrier is a block of metal,
not a block of steel.

Arawan Wipha

旅客機は金属の塊であって鉄の塊ではない。
エラワン・ウイパー

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-29 23:59 | wanderlust
空想グラフィカ

とても楽しみにしていた
日常サンの個展に行ってきました。

彼の作風は知っていたし
出展されるであろう作品も
ある程度予想はしていましたが

予想していたものに関しては
期待以上の仕上がりを観せてもらい

彼の作品としては
意外性のあるものもありました。

個人的にどうしても観たい
一枚があったのですが

その作品を観た時の感想は
“こんな風になるものなのか!” でした。

ブックには私のクレジットまで入れて頂き
とても嬉しかったのですよ、日常サン。

やはり作品というものは
プリントを観てナンボのもんです。

そんな当たり前のことを
改めて思い知った次第です。

今日の一言は日常サンの個展に協賛した
ピクトリコのデタラメ社長さんが帰りの
タクシーの中で私に言った言葉です。

d0138843_363490.jpg


I have to let our staff visit his exhibition.
Satoshi Eguchi

イナヅカさんの展示はウチの社員にも観てもらわないといけないね。
江口 聡

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-28 23:59 | lensman
5番ゲートにて

空港は好きですが
セキュリティチェックは
面倒で仕方ありません。

必ず引っかかります。

原因はいつもレンズで
“そのレンズ持ってこっち来て”
ということになり

別の部屋でレンズだけが
調べられるのですが

私のレンズに何が入っていると
いうのでしょう。

優しさかな。

ヒコーキに乗って
日常サンの個展に行きます。

d0138843_0545154.jpg


All human life can be found in an airport.
David Walliams

あらゆる人生を空港で見ることができる。
デヴィッド・ウォリアムス

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-27 23:59 | wanderlust
踊り子たち

テーブルに並べられたワイングラスが
まるでステージの幕が上がる直前の
一本足ダンサーのように見えることがあります。

幕が上がりテーブルについた人達が呑むたびに
ワイングラスは踊り文字通り人を酔わせる。

私はワインが好きなのではなく
ワイングラスが好きなのかもしれません。

ワイングラスがダンサーのように見えたら
その時点で相当酔ってるよ。

d0138843_148052.jpg


I think it is a great error to consider
a heavy tax on wines as a tax on luxury.

Thomas Jefferson

贅沢品に課すようにワインに重い課税を
検討するのはとんでもない間違いである。

トーマス・ジェファーソン

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-26 23:59 | wanderlust
猫がいる街

基本的に男と女は違う
生き物だと思っているので

男にされたら怒ることでも
女性にされたら怒らなかったり
その逆の場合もあります。

それと同じように犬にされたら怒る事も
相手が猫だったら許せます。

この街には猫に困ることがないほど
とにかくたくさんの猫がいるのですが

一匹も猫がいなかったところで
特に困ることもないと思います。

犬と猫が違う生き物だってことは
なんとなく知ってるよ。

d0138843_2331914.jpg


A dog is like a liberal. He wants to please everybody.
A cat really doesn't need to know that everybody loves him.

William Kunstler

犬はリベラリストのようなもので全ての人を喜ばせようとする。
猫はみんなが自分を愛していることを知ろうともしない。

ウィリアム・クンスラー

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-25 23:59 | wanderlust
洗濯物が好きです

無意識に撮ってしまうモノの中に
洗濯物があります。

下着ではなくて洗濯物一般です。

洗濯物を見ると人の生活を感じて
安心することがありますが

これは心理学的に何を
あらわしているのでしょう。

普通に考えれば
キレイな身になりたいとか
そういうことだと思います。

キレイな身になってお天道様のもと
ヒラヒラと干されていたい。

洗濯物になりたいです。

d0138843_275366.jpg


If I don't do laundry today,
I'm gonna have to buy new clothes tomorrow.

Anna Helene Paquin

今日もし洗濯をしなかったら
新しい服を明日買わなければいけなくなる。

アンナ・ヘレン・パキン

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-24 23:59 | wanderlust
Summer is going on

日本で夏が終わっても
別の国ではまだ夏で

そこでも夏が終わると
また別の国が夏になって

地球はよくデキてるなぁ
と思います。

d0138843_0254632.jpg


Ocean, n.
A body of water covering seven-tenths of a world
designed for Man - who has no gills.

Ambrose Bierce

海【名詞】
エラのない人間のために設計された
世界の十分の七を覆う水の領域。

アンブローズ・ビアス

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-23 23:59 | wanderlust
結婚式

結婚式には大抵の場合
その場を破壊しそうなほどに
酔った親戚のオジサンがいて

(式の前から酔っていて親戚中を
ハラハラさせる例の人)

そういうオジサンは
洋の東西を問わずいるもので

見ていて楽しいのは
やっぱりそういうオジサンです。

d0138843_5462711.jpg


The most dangerous food is wedding cake.
James Thurber

最も危険な食べ物はウェディングケーキだ。
ジェームス・サーバー

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-22 23:59 | wanderlust
ニッポンの女子

世界遺産に登録されている旧市街が
一望出来る要塞で“写真を撮って下さい”と
日本語で言われたのです。

渡されたカメラはリコーのCX4で
カメラを持ち主に返す前に撮った写真を
自分でチェックしてみたら

イイ感じだったので思わず
「よく写るね、このカメラ」と
言ってしまいました。

私が撮った写真を見て二人は
“わー、キレイ”と言ってくれ

「こんなキレイな所が世界にはあるんだね」
とも私は言いました。

その場はそれで終わったのですが
夕食後に旧市街をブラブラしていたら
さっきの二人にバッタリ会い

ワインをおごらされる羽目になりました。
というか、二人が私と一緒に
ワインを呑む羽目になりました。

写真右は大阪の枚方から来た亜紀チャン、
左は金沢から来た佳那子チャン、
二人は大学時代の友人だそうです。

大学時代、イタリア語を勉強した話を聞いて
なるほどイタ語を学んだのなら

ここに来るのも頷けるなと
あとになって思いました。

二人は旅を思い切り楽しんでいて
そういう人を私はエライと思います。

異国の地で見ず知らずの私のような
オジサンについてくるところが
特にエライと思います。

d0138843_6363783.jpg


The image blurs when I shoot night view.
Kanako

夜景撮るとブレちゃうんです。
佳那子

[PR]
by foto_cychedelico | 2012-09-21 23:59 | wanderlust