<   2015年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
通り過ぎて行く一年

今年はどんな一年だったでしょうか?

そんなことを自分に問いかけてみると
向かいから何かを担いだ男が歩いてきます。

肩からブラ下げていた私のカメラを
肘でひっぱたきながらすれ違って行った男。

危うく落としそうになったカメラを
すくいあげファインダーを目元に持ってきながら
振り返ると男はバラの花束を担いでいました。

アイツこそ私のこの一年だ。

d0138843_2237596.jpg


We are tomorrow’s past.
Mary Webb

我々は明日の過去である。
メアリー・ウェブ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-31 23:59 | wanderlust
ワインが呼んでいる

d0138843_0131595.jpg


A bottle of wine contains more philosophy
than all the books in the world.

Louis Pasteur

一本のワインのボトルの中には、
すべての書物にある以上の哲学が存在する。

ルイ・パスツール

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-29 23:59 | wanderlust
二人の距離感

席に通されるまで15分。

注文をとりに来てくれるまで30分。

ワインが出てくるまで15分。

食事が出てくるまでに更に30分。

その間、ずっと向かいの店で
ヒロシとヨッチャンがイチャついてました。

いつまでもずっとこの気持ちを忘れたくない。
ロマンスの神様、どうもありがとう。

d0138843_1491435.jpg


The best love affairs
are those we never had.

Norman Lindsay

最高のロマンスとは
経験することがなかったそれだよ。

ノーマン・リンゼイ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-28 23:59 | wanderlust
白昼夢

d0138843_0452715.jpg


I love to wear red lipstick a lot,
even in the daytime.

Heather Morris

赤い口紅を塗るのが大好き。
昼間であろうとね。

ヘザー・モリス

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-27 23:59 | wanderlust
輝く夜

輝く夜に迷い込むことがあります。

大抵は酔った帰り道で次の日に
目を覚ましてもどこに行ったのか憶えていません。

街の地図を見ながら昨晩行った場所を調べ
幸いにその場所が見つかり、また同じ場所に
行ってもそこは輝いていません。

夜のマジックというか、
旅のマジックというか、

酔っ払いは夜を輝かせる。

d0138843_151080.jpg


Anything seems possible at night
when the rest of the world has gone to sleep.

David Almond

世界が眠りについた夜には全てが可能に思える。
デイヴィッド・アーモンド

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-26 23:59 | wanderlust
教会

教会によく行きます。

意味もなく。

祈るワケでも願うワケでもありません。

教会くらいしか行く所がないのです。

d0138843_5173252.jpg


A church is a hospital for sinners,
not a museum for saints.

Pauline Phillips

教会は罪人のための病院であって
聖人のための博物館ではない。

ポーリーン・フィルップス

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-25 23:59 | wanderlust
日本のクリスマスを説明する

独りでクリスマスを過ごすことを
“クリぼっち”て言いますねん。

クリスマスに一人ぼっちの略ね。

ひとりでクリスマスを過ごしても
充実していることは“ぼっち充”な。

なんで日本人はなんでも略して言うんだよ?

良い質問です。

短くしないと俳句におさまらないからだよ。

テキトーすぎる。

d0138843_23431766.jpg


Santa Claus has the right idea.
Visit people once a year.

Victor Borge

年に一度しか現れないという
サンタクロースの考えは正しい。

ヴィクター・ボーグ

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-24 23:59 | Deutschland
本を読む男

この季節にしてはとても暖かく
天気のいい日に

ウィーン大学の正門階段で
分厚い本を難しい顔で読む男。

贅沢とはこういう時間のような気がします。

d0138843_6313994.jpg


No two persons ever read the same book.
Edmund Wilson

同じ本を読んだとしても感想は異なる。
エドマンド・ウィルソン

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-23 23:59 | wanderlust
六角形

六角形の面積、写真を撮りながら
そんなことを思っていました。

見当もつきません。

六角形は三角形に分割できます。
三角形の面積ならどうにかなりそうです。

三角形の面積はメルヘン×儚さ×2だ。

メルヘンに儚さを掛けておいてを2で割るな。

夢をこわすな。

d0138843_8154643.jpg


Fotografie ist nicht mathematic.
Reinmar Bürgener

写真は算数じゃないぜ。
ラインマー・ビュルゲナー

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-22 23:59 | wanderlust
呑んだくれ in ウィーン

ウィーンにはワインバーが
山ほどありますが山はありません。

なくていいんだよ。

ワインがあればいいんだよ。

d0138843_84479.jpg


Men are like wine;
some turn to vinegar,
but the best improve with age.

Pope John XXIII

人間はワインに似ている。
不機嫌になる者もいるが、最高のものは
年月によって価値が高まる。

ヨハネ23世

[PR]
by foto_cychedelico | 2015-12-21 23:59 | wanderlust