<< プレゼン帰りに青いレディ ロンリー遊園地 >>
なんちゃって小説 「ゴールデン街の男」

新宿区役所前、積み重ねられたように並ぶ自転車越しに見える
夜の街を撮っているとその男がファインダーに入ってくる21時前。

酔った連中がもっと酔うために街を彷徨う。
そんな人達を眺め誰かが言った言葉を思い出す。

「もっと」は必ず「もっともっと」になる

歩み寄って来た男は挨拶の代わりみたいに「やっぱり撮ってた?」と
軽い口調で言い二人で区役所通りを1本隔てた別世界に入り込む。

歌舞伎町1丁目、通称ゴールデン街

5人も座ればカウンターが埋まってしまうような店が幾重にも連なる。

アーティストやジャーナリスト、そして一緒に歩いている男のような
フォトグラファーが集まる過剰な嘘のように真実よりも正しい場所。

明日から始まるその男の個展にふさわしい場所。

店に入るとカラフルなタイルが貼られたカウンターが迎えてくれる。

ギャラリーは2階。
明け透けな悪意のように心地よい屋根裏部屋。

カウンターに腰を降ろして「いつものヤツ」と言ってみる。
マスターは不思議そうな顔をするけどそれがゴールデン街。

初めて行ったお店だから仕方ないよね。

-----------------------------------------------
YUKIO INAZUKA
PHOTOWALL EXHIBITION
日常グラフィカ

9月28日(火)~10月8日(金)
於:ギャラリー・バー tomorrow
〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-1-8
新宿花園ゴールデン街一番街
Phone: 03-3202-0616
-----------------------------------------------

d0138843_2126593.jpg


You don't have to look on photograph,
you have to read it.

Satoshi Machiguchi

写真は見るじゃなくて『読む』なんだよ。
町口 覚


by foto_cychedelico | 2010-09-28 00:00 | lensman
<< プレゼン帰りに青いレディ ロンリー遊園地 >>