人気ブログランキング |
<< 恐怖 命の樹 >>
日本食とうま味の考察

やはり和食でしょうか。

外国にいた時のことを考えると
食べたくなるのはやはり和食です。

その理由は“うま味”にあると思います。

うま味は日本料理、中華料理、タイ料理等の
東南アジアの料理においてとても重要な味で
欧米人にはうま味という味覚がない人すらいます。

うま味のもとがグルタミン酸であることを突き止め
味の素を発明したのが池田菊苗という人です。

池田菊苗が1901年5月から10月までロンドンに
滞在していた時に一人の日本人作家と出逢います。

作品が生み出せずに苦しんでいた日本人作家は情熱的に
活動する菊苗の影響で前向きな考えをするようになり

その後ベストセラー作家となるだけではなく
日本の紙幣に肖像画が印刷されるまでになりました。

そのベストセラーの一つが我が肺は猫であるという作品です。

偉大な作品の影には偉大な出逢いありです。

肺が猫だったら小説書いてる場合じゃないよね。

d0138843_2281758.jpg


Delicate palate can be brought up
by eating miso-soup from one's childhood.

Tomoyuki Eguchi

子供の頃から味噌汁を飲ませることで旨味という
味覚を育てることが出来ます。

江口 知之

by foto_cychedelico | 2011-11-24 23:59 | bon appetit
<< 恐怖 命の樹 >>